ダイレクトハック

情弱ミルキアンによる至って平凡な日常の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ヴァイス】なのは The MOVIE 2nd A's 雑感 【青】

前記事→【ヴァイス】なのは The MOVIE 2nd A's 雑感 【黄~赤】

前記事の続き。

-----青---------------------------------------------------------
ユニゾンイン! はやて
特徴パンプとドッキング型擬似チェンジ。
このチェンジ方式ですが、CXフェイズチェンジにおける「コスト差+①」を起動で支払い、「手札1枚」を「舞台の指定キャラ」に変換したもので、払うコストは基本的にCXフェイズチェンジと同じ。
利点:メインフェイズのチェンジ(その後のレストパンプ等が可能)、思い出圧縮
欠点:本体と舞台の指定キャラの2種が必要、チェンジ先を事前に落とす必要あり
このカードは相方から絆で回収することができるので幾分かマシ。

まどろみの時 リインフォース
上のはやての相方、ふつくしい。
コストがハンド1枚切り、という新しいパターンの絆。1コスや1クロックと比べると明らかにコストが重いのでパワーが2000あるみたい。
絆元:絆先は2:3か3:3くらいかな、ユニゾンイン! はやては後列として十分に使えるのでやや多めに積んでも邪魔にはならないと思う。
そうなるとレベル応援が優秀なだけに枠に関しては悩みどころかな、そこは要調整ということで。

一心同体 はやて&リインフォース
テキスト全部がシナジーしていてなかなか強そう。前述のチェンジで出せば記憶は満たしていることに。てか返し12000は強い。
CXシナジーはメガコロニーよろしくスタンド封じ、こういう嫌がらせ効果嫌いじゃないよ。これで相手の高レベルキャラを縛ると生き残りやすくなるかな、対応は本なのですんなり入って扉4~8本0~4といった感じだろう。
相手ターンまで残ってこそ本領を発揮するので、自ターンは後述のサポート役 シャマルを使って安全に殴っていくのもひとつの手。
3レベになったらマスター はやてにコストを割きたいので配分考えましょう。

サポート役 シャマル
相手ターン+500と1コスで助太刀、イベント封じ。イベントまで封じてくれるところが優秀。どうしても残したいキャラでどうしても割りたいキャラを殴るときに使えば十分アリ。はやてデッキでは高レベル帯に需要。他の型とも相性は良さそう。1枚差しておくとオシャレ。
はやてデッキの後列は安定を取るなら風の癒し手シャマルを続投させるのがベター。はやてに拘らないなら1帯は相打ち、着地75、加速などを使って赤く纏めてもいいかな。その場合、後列候補としては春に生まれし風 リインフォースⅡが癖がなく使いやすそう。さながらアイマスのような動きができるのではないかと。それは最早はやてデッキじゃねえと言われたらそうなのかもしれないけど、レベル3はやてリイン(当然ながらソウル-4の方ではない)を使って勝つデッキとしてならこれも選択肢のひとつ。

別れの時間 リインフォース
2/1 10000という破格のオーバースペック。
2/1 10000といえば伝説の英雄アバロンとかいううんこみたいなカードを思い出すけどそれはどうでもいいね、書きたかっただけ。
使い捨てアタッカーと割り切るなら優秀。レベル3にも触れるサブアタッカー。
どうせ消える、といってチャンプしてくれたらそれはそれでダイレクト枠ができておいしい。あと処刑との相性がそれなりに良さそうなので一応チェック。


以上。なかなか戦えそうないいプールになったんじゃないかなと。

自分が組むならこんな感じかな
黄赤フェイトフルゲ
0:相打ちとかオバスペで殴る
1:フェイトチェンジ、サブアタに赤
2:フェイト早出し、失敗時のケアに2/1フェイトあたり
3:シグナムも出して詰めていく
ワンチャン青をタッチしたりアラームのリンディとか入れてもいいかもね。
気が向いたら脳内デッキレシピでも上げようそうしよう。

おわり
  1. 2013/04/28(日) 18:13:32|
  2. 【WS】新弾考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ヴァイス】なのは The MOVIE 2nd A's 雑感 【黄~赤】

どうも、ぷらけーです。

ヴァイスなのはの追加ブースターのリストが出たんで感想でも書いていきます。
現在までのプールもある程度は分かりますが、全てを把握しているわけではありませんのであしからず。
ざっと見た感じでは、なのは、フェイト、はやて、それとヴィータ、シグナム、どれかを軸に据えて、サブとしてもう1キャラをタッチさせる感じでデッキを組むと上手くまとまりそうです。

前のアクセル・ワールドの記事と同様に個人的に気になったカードを取り上げています。

-----黄---------------------------------------------------------
雷の帰還 フェイト
回復持ちのレベル3フェイト、早出しもできてテキストとしてはロボノあき穂に近い感じですね。あとは1レベ中に思い出2枚達成しろと書いてあります、3レベでも邪魔にならず普通に強いですね。
この手の早出しがどの程度成功するのかは把握していませんが、集中連発とかしてまで出すことはないかな。
出せたら1面安定のうるとらしょっとではないのですから。
でもまあ多くのデッキで3,4積まれて一番高くなりそうなカードであることは確か。

守るべきもの シグナム
3つのテキスト全部攻撃的です。返しは弱いので自ターンに上がったパワーで相手の高コストキャラを狩って思い出に送りたいところです。
今まで“雷光”フェイトを積んでいた枠に入れていいかもしれないですね、その場合CXが扉に変わっていくのだろうなぁ、と。

ソニックドライブ フェイト
新たなる力 フェイト
これはセットで考えたほうがいいですね。フェイトの記憶条件を満たすために思い出に行くキャラを入れる必要があります。
使い魔 アルフなんかを入れたフェイト主軸デッキだとレベル1フェイトの他の選択肢が勝利宣言 フェイトか1/1バニラくらいなので普通にアリでしょう、自ターンパンプが重なって突破力ありそうです、枠は取りますが。その場合、後述の突然の襲撃 なのはなどと一緒に積んでおいて思い出を貯めていくのが良さそうです。

これからのこと フェイト
3種目の、「なのは」にアンコール付与。
ちなみに他との比較
これからのこと フェイト(PW1000):「フェイト」、《魔法》、CIP①ソウルパンプ、黄
まっすぐな心 なのは(PW2000):「なのは」、《魔法》、赤
意地っ張りアリサ(PW1000):CIPパワーパンプ(+1000)、緑
割とどれも一長一短ですね、魔法特徴持ってないアリサはちょっと使いづらいかな、って感じ。

久しぶりの再会 フェイト
待望のレベル0集中です。
青にも集中が追加されて、ヒット時キャラ1体返しまで+1000というこっちより嬉しい効果なんですが、はやてで《魔法》を持っていないのでその辺はデッキに応じてといった感じ。ちゃんと考えられてますね。

感謝の気持ち アルフ
強いっすね、シャナほどのお手軽さではないけど、お守りに1枚どうぞ。


-----緑---------------------------------------------------------
特になし、5枚て()
CIP+3000は悪くないと思いました。


-----赤---------------------------------------------------------
決意の眼差し なのは
1コスで出せるのは強いですね、というか2コス払ってまでは出したくない、といった印象。でもまあアンコ付与すれば11000トップチェックの壁です。
回収手段は多いので1,2枚ほど刺していいかも、能力はパッシブですが。

怒りの眼差し ヴィータ
リームシアン早出しと、2レベ除去。リライト、ABあたり相手だと欲しくなる。
上のレベル3フェイトと一緒に積んで2種早出し態勢なんかもアリかも。
使うならレベル1まではコストを節約したいところです、アイマスみたいな感じに。

もぐもぐヴィータ
桜並木ヴィータ。これでなのは使いを煽れますね。
はやてデッキ以外なら入るんじゃないかな。
余談ですが僕は初心者の頃3-6でうっかり桜並木のシャロを出して死んだことがあります。

カートリッジシステム なのは
これ結構推せます、2枚くらい刺しておいてもいいんじゃないかと、アンコールも付きますし。イラストもいいね。

アクセルモード なのは
新たなる力 なのは
フェイトと同じようなセットです。しかし、チェンジ先がちょっと中途半端かな…。
盛りたいキャラにはパワーが届かないでござる…ってなりそう。
記憶を強いられていない限りは普通に1/1バニラとか上のなのはとかでもいいかなと。

突然の襲撃 なのは
良いカードだ、記憶使うならフィレス互換よりこっちかな。

屋上の邂逅 ヴィータ
強いですね、コスト節約の味方。勝利宣言 フェイトと使い分けてください。

伝えたい真実 なのは
レベル応援。青入れるならシャマル&ザフィーラ安定だけど、色散らしたくないならこっち。もう片方のテキストが死んでないだけマシ、あと赤いのも強い。

アドバイザー ユーノ
これも良いカード。自分で殴りにいくのは得意じゃないけど、絆持ってるようなものだし、コストが競合しないなら入れといて損はないかな。アンコ付与などの後列は回収したターンに登場させにくいですが、それでも十分強いです。
フェレット形態はもう無くてもいいかな。

あれ…言うほど「なのは」アンコ付与必要か?という疑念を持ちつつ青は次の記事で。

  1. 2013/04/27(土) 04:32:46|
  2. 【WS】新弾考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ヴァイス】アクセル・ワールド 雑感2【赤/青】

前記事→【ヴァイス】アクセル・ワールド 雑感1【黄/緑】

ということで前記事に引き続き、アクセル・ワールドのカードの感想でも

-----赤--------------------------------------------------------------------
料理が得意 ニコ
なかなか強いっすね。登場ターンだけとはいえ追加1コスで盛れるのは優秀、そして赤いのも強い。
あと実はで持ってこれたり(使うかどうかは別として)。
RewriteHfといい、最近はレベル応援が優秀ですね。

上月 由仁子
回復+バーン持ちのレベル3。バーンにはコストが少々掛かりますが、回復持ってるので強い部類でしょう。しかし黒雪姫と同時に採用するとなると、ストックの都合上、効果を使うのは1回の対戦でどちらかになるでしょう。

激情のスカーレット・レイン
前の記事でも言いましたが、AWは基本的にメインで控え室に触れません。このカードも例に漏れないんですが、それでも控え室にアクセスできるカードは貴重です。特にAWではチェンジ先を落としたりと手札を切れるカードとしても使えるでしょう。1つ目の効果も相手にしてみるとなかなか厄介です。

《赤の王》スカーレット・レイン
結構好きです。環境を考えると相手の早出しへの対応は考えておく必要があります。このカードはその解答のひとつになり得ます。決して軽いコストではないんですが、(レベル3以下のキャラなら)前後列問わず確実な除去ができます。レベル3除去に関してはブラック・ロータスも候補に挙げられます。一長一短ありますが自分のプレイングに合う方を入れればいいかと。対応CXは2000/1なので、黒雪姫は回復要員と割り切り、レベル3はニコのバーンに絞ればCXはすんなり入りますね。

天使モード ニコ
前記事で少し言及した、レベル1アタッカー候補の一つです。
まあパワーの出しやすさと手札維持を考えたらクロック絆を持つ黄昏時の約束 黒雪姫が安定なんですが。
このカードは『加速』でパワーパンプとトップ盛りを持っています。トップ盛りは実質アンコール封じになるので天使あたりを倒せればその後有利に動けそうですね、倒せれば…。個人的には追い求める果て 黒雪姫と組み合わせることでパワーパンプをして、相手リバース時にはニコのテキストを先に発動することでトップに盛る、という動きがなかなか強いんじゃないかと思っています。(できるよね?)2000/1あたりを使えば天使も圏外から殴れます。

-----青--------------------------------------------------------------------
剣道部 タクム
普通に強いっすよね、迎撃する静流的な感じ。「チユリ」ネームはクッションの海 チユリないし屈託ないお喋り チユリあたりで満たすのがベターでしょう。

シアン・パイル
あれっ…このカードも強いぞ
ということで実は青の1帯も優秀なんです。
ただ、青はレベル2以降で失速するのでなかなか日の目を見ることがないのではないかと予想。

倉崎 楓子
…どうしてこうなった的なアレ
起動効果と同じコストでバウンス出来るんでブラック・ロータス入れますね、ってなるやん…!
まあ色が違うので単純に比較はできないんですがね。


そんな感じで感想おわりです。
まあ自分が組むとしたら赤黄ですかね(大体の人がそうかもしれないけど
  1. 2012/10/26(金) 04:11:27|
  2. 【WS】新弾考察
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

【ヴァイス】アクセル・ワールド 雑感1【黄/緑】

アクセル・ワールド(以下AW)のカードリストが公開されたので気になったカードをいくつか

-----黄--------------------------------------------------------------------
黒雪姫
メインヒロインにしてイラストアド担当。ご褒美ください。
本当の強さ 黒雪姫のチェンジ先その1。
ネオスタンで使えるレベル3は6種ありますがCIP回復を持ってるのはこの黒雪姫と赤のニコの2種のみ。ということで使う人は多いと思われ。
CXシナジーで再攻撃、コストは軽いとは言えませんがタイミングは常にうかがっていていいでしょう。対応CXは2000/1で組み込みやすいのも高評価です。RRで良効果、キャラ人気も相まって高レート必至。

ブラック・ロータス
本当の強さ 黒雪姫のチェンジ先その2。
効果はCIP2ドロー1ディスと、『加速』でほぼ無制限バウンス。レベル2以降のクロックコストは重いのでクッションの海 チユリを一緒に入れてクロックを進めないようにしたいところです。対応力を高めるために黒雪姫と一緒に入れるも良し、安定性重視でどちらか片方に寄せるも良し。
チェンジタイミングだけちょっと残念?

辻デュエルに臨むブラック・ロータス
定番サーチ、山札に触れるのはいいですね。サーチ範囲は《アバター》か《ネット》と広く、殆どのカードを引っ張ってこれるでしょう。
それと、AWのチェンジはアンコステップなんですが手札を切らないので、手札を切る手段としても有用です。1,2枚挿しておくと吉。

黄昏時の約束 黒雪姫
1/1アタッカー。クロック絆で持ってこれるので扱いやすそうです。1帯のアタッカーは恐らくこの黒雪姫か次の記事で紹介するニコの2択でしょう。
イラストはブースター版の方が好きですね。

-----緑-------------------------------------------------------------------
クッションの海 チユリ
強いこと書いてあります。『加速』のコスト「1クロック」を「1コス2レスト」に変換することが出来るカード。中盤以降のクロックコストは軽くないので、『加速』がテーマとなっているタイトルなだけに、公開されたときは誰もが必須だと思いました。
リストが公開された後でもこのカードが強いことには変わりはありませんが、レベル2以上の『加速』持ちってブラック・ロータス強敵へ挑むシルバー・クロウしかいないんですよね…レベル1には5種くらいいて優秀な効果もあるんですが、レベル1ではストックを貯めたいので基本的にクロック進めて構わないんですよね。もちろん、その効果をレベル2以降で使う場合なんかはコスト変換は重宝しそうですが、レベル2以上の『加速』持ちを使わないデッキでは別に入れなくても問題は無さそうです。

《治癒師》ライム・ベル
たぶんそんなに強くないです、1/0相打ちでもいれば話は違いましたが。『加速』で手札が増えるのはいいんですが、クッションの海 チユリクワイアー・チャイムが絶妙なアンチシナジーを形成してるのが残念ですね。

訝しげな眼差し チユリ
“ピンポンダッシュ”アクターレの互換カード。なかなかに嫌らしい動きができます。しかし基本的にAWはメインで自分の控え室に触る手段が無いので(無いこともないけど)採用は好みによるかなぁと。上手く刺さった時のリターンは大きいので個人的には好きです。


長くなりそうなので赤、青に関しては次の記事で
続き→【ヴァイス】アクセル・ワールド 雑感2【赤/青】
  1. 2012/10/26(金) 01:41:15|
  2. 【WS】新弾考察
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。