ダイレクトハック

情弱ミルキアンによる至って平凡な日常の記録

【WS】ラブライブ!サンシャイン!! エクストラ 雑感

ヴァイスのラブライブ!サンシャイン!! エクストラブースターが発売になりましたね。最近ヴァイスのモチベがまた高まってきたので、雑感を垂れ流しておきます。


◆全体の雑感
縦方向への強化というよりは、横方向、デッキバリエーションが増えたという印象です。原作再現テキストが多く、その奇抜さが目を引きますが、再現度と強さは反比例しているように見えますね・・・。


◆各色の特徴と推しカード

lss_we27_03.giflss_we27_11.giflss_we27_05.gif

 今回のエクブで何が一番の強化かと言われたら多くの人がこのレベル3善子と答えることでしょう。単純に武蔵ショットというだけで入れていいレベルですが、CXコンボで回復をしながら詰めていける強力なカードです。もっとも、回復するにはCXを張って、かつリバースさせる必要があるため万能ではありませんが。
 詰めと回復を同時にできるカードがプールにもう1種ありますね。まあなんですが、善子はCXを握れなくても武蔵として使えるのでその観点で見れば勝りますね。もっとも、曜は対応が扉だったりキャラ回収ついてたりするんでどっちが強いというわけでもなく好みと他との兼ね合いかなと思います。

 また、レベル2に早出し相打ちの善子がきました。これまでサンシャインではフルネ千歌が早出し潰しとして採用されていましたが、飛龍系が出てくるとどうしても確実な処理が難しいので、この善子はパワーを見ない、かつアンコールを許さないストック相打ちというだけで十分に採用価値があるでしょう。そしてもう1個のテキストがおまけと言うにはかなり強いですね。トラブルの原因になりそうな気がしないでもないですが、黄色を使うならまず入れていい1枚でしょう。

 それと、個人的な好みですが、この行き全体1000パンプの花丸は良いカードですね。消耗戦を仕掛けに行くには絶好のカードで、返しは知らんけどとりあえず行きは3面割らせてもらうよ、という攻めっ気に溢れたカードです。正直、最近ではそんなに珍しいテキストではないですが、このタイトルならお互いに割り合ってリソースがキツくなってきた頃に、例えばミラチケ2年組など軽いコストで相手に負担をかけるカードがあるので、デッキタイプの選択肢を増やしてくれる良カードです。

 他の2色がコンボ重視なのに比べて、黄色は単体で働きやすいカードが目立つ印象です。1帯の主役にしやすいカードが無いのはやや物足りないですが、0に移動がいて入れやすい色ですし赤黄、青黄の2色構築はどちらもオススメできます。



lss_we27_20.giflss_we27_21.giflss_we27_19.gif

 赤は、まあ何といってもこのトライアングルでしょう。レベル2から手札1枚と3コストでレベル3が場に2枚並ぶのは、コスパとしては最強レベルです。早出し条件は指定カードがクロックにあることで、条件自体はよく見ますが、それらと決定的に違うことは対象がレベル2キャラだということです。
 この条件の早出しは、勝手にクロックに落ちるならそれでよし、落ちなければ手札に握っていた対象キャラをクロックに置いて早出しという出し方が出来ます。これまでは対象がレベル0のキャラだったので、レベル2でクロックに置くカードとしては自然でした。今回の組み合わせの弱いところは、指定キャラを一番出したいタイミングでクロックに置かなければならないことです。クロックに落ちやすいように3~4投したり、2枚握るようにすることが必要になるでしょう。単に早出し条件として見るのであれば1枚握るだけでいいですが、出せばまず千歌と曜の場持ちが違ってきますし、曜は梨子と組み合わせることで真価を発揮するので、この3枚を使うのであればやはり場に出したいカードですね。

 赤は前弾は必須レベルに強かったですが、今弾は上のコンボ以外は大したカードはないかなぁという印象です。一応圧縮崩しがありますが1枚なので有効なタイミングが少なく、枠があれば入れてもいいという感じですね。あと、アド集中が一応他の2色にきましたが、結局梨子に落ち着きそうな気はしますね。



lss_we27_52.giflss_we27_39.giflss_we27_38.gif

 イベント「互いを想う気持ち」の存在感がだいぶ強いです。このエクブの青はこのカードのためにあるといってもいいでしょう。エクブ内にこのカードを参照するカードが何と6種類あります。イベント自体の効果は控え室を対象とする代わりにパワーパンプの付いた黄ペンダントといったところですかね。つまりは即時でキャラに変換できるイベントなので4投しても負担になりづらく、盤面取りにも有効に働く良カードといえるでしょう。

 さて、ここで気になるのがこのカードを使ったことによる恩恵ですが、ミラチケ果南の早出しが可能になります。イベント含めまんま小咲のような感じですね。果南は場に出ると1枚引けて助太刀を封じつつ約7割ほどで1コス返ってくるよと、とりあえず出して損はないといった感じのカードですね。1コストのイベントを2回使わないといけないのでコストが返ってきやすいのは嬉しいですね。美夏を打たせない助太刀封じも強力な効果ですが、自身のパワーが9000と低いため、相手の早出しを割ることがなかなか難しいです。前述のイベントを使うのもアリですが、何かしらの安定的なパワーパンプ手段は欲しいですね。

 それと、ミラチケダイヤも今弾の注目カードでしょう。CXコンボでハンドが増えるレベル1のカードは前弾の相打ち千歌、今弾でルビィ千歌、そしてこのダイヤがありますね。このカードの強いところは対応が「MIRAI TICKET」であるということでしょう。つまり、レベル3の善子と対応CXを共有することができます。「僕たちはひとつの光」のにこまきに対応している関係ですね。この組み合わせはひとつのテンプレになると思いますが、前弾の千歌も強いので完全にどっちというわけでも無いと思います。千歌は確実性があって回収キャラも選べますし、先上がりして上から割ると返しの圧力にもなります。ただし千歌は千歌で絶剣に相性悪いので難しいところですね。

 青はダイヤの登場で軸に据える選択肢も出てきたかなと思います。前弾にも1/0マリーのような優秀なカードがあるので、青軸は十分選択肢でしょう。あと、色の話というわけでもないですが2000助太刀がきたのは純粋な強化ですね。自分で使わない人でもここは押さえておくべきところでしょう。


◆構築について
結局どう組むのが強いんだろうと考えましたが、有力なのは下の3通りかなと思います。

・赤黄
1帯は相打ち千歌、2帯は花丸早出し、3帯は曜orよしこで堅実な構築ですね。あまり面白味はないかもしれませんが、安定度は高そうなのでそれなりに見る構築になるのではないかと思います。

・青黄
1帯はダイヤ、2帯は花丸+果南早出し、3帯はよしこ
個人的にミラチケ果南のポテンシャルはそれなりに高いと思うので、青を中途半端に差すくらいならイベントガン積みで果南を出していくデッキがいいと思います。CXはミラチケと花丸対応にすればきれいに収まりますね。集中とイベントのおかげで普通に控え室に触れるのも強いです。

・ミラチケ2年(赤軸)
1相打ちで相手のリソースを削りつつ手札を整えていき、レベル2で展開といった流れです。赤には1/1手札アンコもいるので、歪な構築が祟って不要札が集まったとしてもアンコールコストで切ることができますね。レベル3では曜や善子を使う手もありますが、回復がCX頼りなのは心許ないので、回復枠は千歌とか花丸の方がいいかもしれません。


◆まとめ
有用なカードは限られてはいますが、単純にプールが広がったので、環境への対応力はある程度上がったのかなと思います。人気タイトルということも相まって、トリオなどで対戦する機会が今後増えてきそうです。


おわり



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヴァイスシュヴァルツ - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/06/11(日) 07:55:28|
  2. 【WS】新弾考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pluskk.blog136.fc2.com/tb.php/90-8f617dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad