ダイレクトハック

情弱ミルキアンによる至って平凡な日常の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WGP博多 ヴァイスネオスタン② vs アイマス、超電磁砲

前記事→WGP博多 ヴァイスネオスタン① vs Fate

ども、なかなか書く時間が取れず前記事からだいぶ間が開いたのですが、2、3戦目の記録を残しておこうと思います。

使用デッキ:ミルキィ赤青t緑(緑はハロウィン4枚のみ)

2戦目 vs アイマス緑青 結果○
1戦目は負けて、この対戦に負けるとドロップ終了という2戦目。
相手に「自分、このあとのRewriteタイトルカップ出るんで勝っても負けてもドロップします。自分が勝ってもそちらの勝ちでいいですよ。」とは言われたものの、さすがに勝って次戦に臨みたいw

そして対戦開始。
序盤で「気まぐれな美希」が見えたので、十中八九「寄り道」での早出し型だろうと推測。

相手は手札に「寄り道」が無かったのか、こちらのフロントアタックもそのまま素通りし、お互いレベル2へ。

手札にお花畑やレベル3キャラは持っていて、レベル3の準備は出来ていたものの、クロックが2-6という微妙な状態だったため、出せるキャラが「桜並木のシャロ」しかおらず、手札からプレイ。この時山札は1枚。
デッキトップチェック→「ナルシスト 二十里先生
あ…レベルアップ…そしてリフレッシュ!
ちなみにこの場合はカードの効果で、山札から解決領域を介さずにクロックに置かれてレベルアップしたため、リフレッシュとレベルアップが同時に割り込むことになり、任意の順番で行うことができます
クロックにCXは無かったため、リフレッシュ処理を先に行いました。圧縮おいしいです^o^

その後、リフレッシュダメージで3-1。何だか舞台が整ったようです。
圧殺して「ハロウィンナイト エリー」をプレイ。リフレッシュダメージの1点を回復。

そしてCX撃って総攻撃。相手はこの時点で2-4だったんですが、まさかの計10点のアタックが全部通って勝利!
リフレッシュ挟んだのもありましたが、まさかこんな大打点が通るとは
相手がやたらトリガーでCX噛んでるなぁ、とは思ってましたがw

こっちの圧縮率は、一応次のターンは回ってくるかなぁ、くらいな感じでした。
そんなわけで、大会での初勝利でした。


3戦目 vs 超電磁砲赤緑 結果×
1勝1敗で迎えた3戦目。相手は美琴スリーブ、美琴(+インデックス)デッキケース、美琴センターマーカーで対戦前から超電磁砲臭。

これで美琴単だったら面白いのになぁwとか考えてましたが、そんなはずもなく普通に超能力ガチ構成でした。
一番多く対戦している友人のメインデッキが同タイトル同色の構成なので、相手が使うカードはある程度把握出来ました。

対戦開始。レベル0,1帯で軽い事故、出したいカードが出せず、押され気味。
対戦は進みレベル2。こちらは場に「深い溜息 コーデリア」と「”ミルキィホームズ”シャロ」で、他の枠も埋まっており、ミルキィレベル2としてはかなり安定性の高い場。
アタックが終わり、相手はちょうどレベル2になったくらい(うろ覚え

そして相手のターン。
相手は場に「パジャマの美琴」をプレイ。あー…キチャッタカー。まあ驚きはしませんが。
もちろんCXフェイズに「一つ屋根の下 美琴&黒子」へとチェンジ。
コストが重いだけあって、やはり1ターンでチェンジ→アタックまで出来るCXフェイズチェンジは強力ですね。
ちなみにこの対戦では「一つ屋根の下 美琴&黒子」はそこまで暴れませんでした。

そして対戦は進み、こちらはというと、回りの悪さから、経験発生しているのに手札に「ハロウィンナイト エリー」がいない、という状態。

確かこの時「コーデリアのお花畑」を握っていて、自分のクロックは3-2。
コストが貯まっておらず、「コーデリアのお花畑」と「けなげでひたむき シャロ」のどちらかしかプレイ出来ないという状態でした。

2点回復を取るか、「けなげでひたむき シャロ」を舞台に出し、1点回復を取るか。
このターンにキャラを1枚プレイしており、この選択で迷っているときには舞台には4枚キャラが並んでいたと思います。

結果論になりますがお花畑使って後列をチャンプ(もしくは次のターンのダイレクトを防ぐためのサイド)アタックさせるのが正解でしたかね。
そうです。次の相手のターンに、3点、4点、3点のアタックのうち、2回が通ってしまい、敗れました
相手のクロックは3-3だったので、もし次のターンが回ってきたらワンチャンあったかもしれません。
今回の自分の対戦の中で一番の接戦だったのではないかな、と。

今回はあまり出番がありませんでしたが、屋根下対策って何やればいいんでしょうね。
まあ、パッと思いつくのが、次のターンで屋根下に助太刀圏外から殴られそうなキャラを前列に残さないってことですかね。
ただ、厄介なのがこいつがレベル2から出てくること。後列に「多才能力者”木山」を2枚展開させているとすると常時13000という脅威。
カウンターに「ビッグスパイダー」を想定すると、確実に倒すにはパワーは17500必要です。ヤバいですね。

ミルキィだと、レベル応援探偵パンプの支援をつけた、経験発生の「ハロウィンナイト エリー」にお花畑パンプをつけてさらにCX撃ってやっと届く値です。
やってみると意外と出来ます。ただ、そこまでして倒しても、コストがあればだいたいアンコールされるため、次のターンに備えて助太刀は握っておくべきですね。

分かったことは、レベル0,1帯で押されていても、ミルキィなら高レベルで、場は制圧できる。
しかしそれまでに取られていたアドバンテージ(ストックとかハンドとかダメージとか)が大きく、押されて負ける、という負けパターンにハマることがしばしばあること、でした。

てな感じで大会報告はここまでとします。
大会の雰囲気を味わえただけでも行った甲斐がありました。それに加え、1勝できたので、上出来です。

また近いうちに大会に参加すると思います。それではまた。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 21:28:07|
  2. 【WS】大会レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pluskk.blog136.fc2.com/tb.php/15-41deb6c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。