ダイレクトハック

情弱ミルキアンによる至って平凡な日常の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミルキィネオスタンで自キャラバウンス②

前記事→ミルキィネオスタンで自キャラバウンス①

前回はミルキィのネオスタンを組んだ場合の自キャラバウンスについて、メリット、デメリットを踏まえながら、初心者なりに考えてみました。

今回は実際にデッキに取り入れるとしたらバウンス候補としてどのようなキャラが挙げられるのかを考えていこうと思います。

大前提として、自キャラバウンスには「譲崎ネロ」のCXシナジーを使用することにします。
また、再展開のコストを考えると、よほどCIPが強力でない限り、コストは0が望ましいです。

拙い考察ですが、上の点を踏まえてどうぞ。

コンソール操作 ネロ
・手札から舞台に置かれたとき、デッキトップをチェックし、《探偵》のキャラなら手札に加え、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
ネオスタンでの採用率も高いミルキィレベル0帯屈指のCIP持ち。手札交換ができるかもしれない点、出来なくてもデッキトップのチェックができてソウルの調整ができる点が優秀です。応援が引けずに後列が空いている場合はそこに出して効果だけ使ってバウンスで戻すのもいいかもしれないです。


運動会のネロ&エリー
・手札から舞台に置かれたとき、1コストでそのターン中キャラ1体のソウルを+1。
ソウル不足を補うのはいいけど、正直バウンスせずに、出たターンに自分のソウルを上げてサイドで1点でも通したほうが次の相手のターンのダイレクトアタックを防げる点でいいのかもしれないです()というかソウルパンプ要員には先生を使う手もあるので枠が厳しいなら微妙。ただミルキィには優秀なレベル0の後列がいるのでそことの兼ね合いもありますが。


怖がりなエリー
・手札から舞台に置かれたターンのみ、このカードのパワーを自分の《探偵》1枚につき+500。
自身も含めるので最大で1/1バニラ並み。書いてる途中に思ったけど、チャンプアタック前提のバウンスをしようと考えてるのに、自分のパワー上げるのはどうなのだろう…。ただ、一度このキャラを戻した次のターンに相手が1/1バニラなんかを出してきたときに、CXシナジー使いつつ倒すことが出来るかもしれない。あれ?一度戻した意味あるんだろうか…w


恥ずかしがり屋 エリー
・手札から舞台に置かれたとき、自分の《探偵》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
このデッキタイプでは、上の「怖がりなエリー」に比べてだいぶ使いやすい印象。バウンス持ちのネロは素で5000。CXで+1000、このカードでさらに+1500してやるとパワーが7500となり、1/1 7000も倒すことが出来ます。応援もつけるとなおよし。
手札に戻すと、次のターンにまたパワーパンプの対象を選ぶことが出来(自身も可)、「トライアセンド」を使えば、シナジーで5500までの差を埋めることが出来ます。しかし、相手のターンには簡単にやられてしまいます。なので、その点でも、舞台に残さずバウンスで戻してしまって、相手のキャラに対して後出しする戦法がオススメです。これぞ自キャラバウンスの真骨頂ではないでしょうか。


早とちり コーデリア
・手札から舞台に置かれたとき、1コストを払うことで相手の山札を上から1枚見て、山札の上か下に置く。
・クロック絆「恥ずかしがり屋 エリー
恥ずかしがり屋 エリー」を入れるなら入れておきたい一枚。効果はどちらもプレイ時で、出した後の活躍は、あまり期待しないであろうカード。それゆえにチャンプアタック要因としては最適で、手札に戻すとクロック絆で再び「恥ずかしがり屋 エリー」を回収できます。
また、クロック絆の利点の一つに、5点止めを食らってもレベルを上げることが出来る、という点があります。
ただし、パワーは500と低いので、応援無しで前列に出すときは、こういうのに焼かれてバウンス予定が狂わないように注意しましょう。効果だけは使えますが。


活発なネロ
・手札から場に置かれたとき、2コストで控え室の《探偵》を1枚回収。
・1コスト絆「けなげでひたむき シャロ
レベル0ですが序盤は腐りがちで、レベルが上がり、コストも貯まってきた中盤以降に重宝する1枚。「早とちり コーデリア」と似たような印象を受けますが、大きな違いは、前述にもあるCIPの必要タイミング。確かに一度に最高2枚まで回収できる点、そして、絆でCIP回復を持つレベル3を持ってこれる点は優秀です。
しかし、前の記事でも書いたように、自キャラバウンスは、やるなら中盤までです(個人的な考えですが)。
ただでさえ自キャラバウンスにはコストがかかるのに、コストが貯まっていない序盤~中盤にこのカードのCIPを使いまわす余裕があるかと言われたら微妙です。


ここまで書いてきて何となく自分がどのカードを自キャラバウンスとの組み合わせとして推しているのかが何となく分かったのではないかと思います。

個人的には、やはり「恥ずかしがり屋 エリー」がオススメです。「早とちり コーデリア」と合わせてデッキに組み込んでみるといい働きをしてくれるかもしれません。
ただ、この場合CXは「ふたりっきりのデート」と「トライアセンド」にほぼ確定してしまいます。あと1種類入れて3-3-2とする手もありますが。

また、ミルキィはが安定感があって強い、と言われているので(実際強いですが)、を組み合わせてみるとまた違ったデッキが出来るかもしれません。つまり、正解はひとつ!じゃない!!ということです(ドヤッ

ということでここまで見てくださった方、ありがとうございました。
最近ヴァイスのカードの考察面白いなー、と思い始めてきたのでまた近いうちにこんなの書くかもしれません。
それでは⊂(^ω^)⊃
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/12(水) 01:39:13|
  2. 【WS】デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pluskk.blog136.fc2.com/tb.php/13-62074cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。